値段が激安 「浄水器・整水器」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

値段が激安 「浄水器・整水器」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

値段が激安 「浄水器・整水器」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

画像の説明→ → 画像の説明

■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2014年4月20日
■資料体裁:A4版、247頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-357-8




★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス


■本誌の特徴等
1.調査目的
 「浄水器・整水器」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、 ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの浄水器・整水器関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移して いるか、
 (3)最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「浄水器・整水器」に関する過去10年余り(国内公開日:2004年1月1日~2014年2月28日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 2,027件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
  A.全般分析
  B. 上位20出願人比較分析
  C. 上位5出願人個別分析
  D. 特定3社比較分析(1位パナソニックG、2位東レG、3位三菱G)
  E. 上位20特許分類分析
  F. 特定特許分類分析
  G. キーワード分析
  H.直近2年間の動向分析(2012年3月~2014年2月)
  I.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

4. 本報告書の特徴
● 「浄水器・整水器」に関する最近10年余り、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.全般分析

A-1.全体の技術開発ライフサイクル
A-2.公開件数の推移(年次と累計)
A-3.出願人数の推移(年次と累計)
A-4.新規発明者数の推移(年次と累計)
A-5.新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
A-6.新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
A-7.新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
A-8.出願人別公開件数ランキング(上位100)
A-9.発明者別公開件数ランキング(上位50)
A-10.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
A-11.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
A-12.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
A-13.Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
A-14.1位Fタームテーマコード4D624の技術分類別件数(観点×数字)
A-15.2位Fタームテーマコード4D006の技術分類別件数(観点×数字)
A-16.出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
A-17.FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-18.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-19.Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
A-20.出願人別公開件数伸長率(上位50、件数差3件以上)
A-21.発明者別公開件数伸長率(上位50、件数差6件以上)
A-22.FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差3件以上)
A-23.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差4件以上)
A-24.Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
A-25.FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差8名以上)
A-26.FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
A-27.Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)

B.上位20出願人比較分析

B-1.公開件数比較(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
B-2.公開件数の推移(累計)
B-3.共同出願人数の推移(累計)
・ ・
・ ・
B-14.審査・権利状況
B-15.公開件数の伸びと1位Fターム分類4D624AA02に関する構成率比較
B-16.発明者数*FIサブグループ分類数の比較

C.上位5出願人個別分析

C-1-1.【パナソニックG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-2.【東レG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-3.【三菱G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-4.【シャープ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-1-5.【TOTO】FIサブグループ分類別公開件数ランキング
・ ・
・ ・
C-9-1.【パナソニックG】共同出願人との連携
C-9-2.【東レG】共同出願人との連携
C-9-3.【三菱G】共同出願人との連携
C-9-4.【シャープ】共同出願人との連携(0人)
C-9-5.【TOTO】共同出願人との連携

D.特定3社比較分析(1位パナソニックG、2位東レG、3位三菱G)

D-1.3社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
D-2.3社のパナソニックG上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
D-3.3社の東レG上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
・ ・
・ ・
D-11.三菱Gの公開件数伸び変遷
D-12.3社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
D-13.Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)

E.上位20特許分類分析

E-1.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
E-2.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
E-3.Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
・ ・
・ ・
E-13.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
E-14.FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
E-15.Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

F.特定特許分類分析

F-1.特定特許分類分析(1)
 F-1-1.特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
 F-1-2.特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
 F-1-3.特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
 ・ ・
 ・ ・
 F-1-18.特定Fターム分類4D624BA02の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-1-19.特定Fターム分類4D006PA01の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-1-20.特定Fターム分類4D006MA01の出願人別公開件数ランキング(上位50)

F-2.特定特許分類分析(2)
 F-2-1.特定Fターム分類4D624CA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-2-2.特定Fターム分類4D624CB関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 F-2-3.特定Fターム分類4D624CC関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 ・ ・
 ・ ・
 F-2-33.特定Fターム分類4D624CC関連の公開件数伸長率変遷
 F-2-34.特定Fターム分類4D006KC関連の公開件数伸長率変遷
 F-2-35.特定Fターム分類4D006PC関連の公開件数伸長率変遷

G.キーワード分析

G-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
G-2.キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
G-3.キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差7件以上)

H.直近2年間の動向分析(2012年3月~2014年2月)

H-1.出願人別公開件数ランキング(上位20)
H-2.出願人別公開件数占有率(上位20)
H-3.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
・ ・
・ ・
H-6.Fターム分類1位4D006PA01と他分類との相関(上位20)
H-7.上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
H-8.上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関

I.弁理士(特許事務所)の動向分析

I-1.弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
I-2.弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
I-3.上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
I-4.上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関

2.パテントチャート編

 (1)メタウォーターの時系列チャート分析(2004年~2014年2月)
 (2)ジョプラックスの時系列チャート分析(2004年~2014年2月)
 (3)メタウォーターの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年2月)
 (4)ジョプラックスの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年2月)
 (5)角川功明(メタウォーター)の公報3件のサイテーションマップ

3. 総括コメント

【資料1】出願人グループ化リスト
【資料2】パナソニックGの2004年~2014年2月における全公報181件の審査権利状況リスト
【資料3】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方









フロント Bare Strut Assembly RH Right Passenger Side for Kia Spectra Spectra5 (海外取寄せ品)

   画像の説明

全てのフレームメインパイプ柱を38mmに強化!その他の部材もすべて見直し、より強く&便利で故障がないように考慮したワンタッチテントです

画像の説明 画像の説明
フロント Upper Control アーム & Ball Joint ドライバー Left LH LF for 91-95 Acura Legend (海外取寄せ品)

値段が激安 「浄水器・整水器」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

ワンタッチテントをご利用された方の悩みは天幕への雨溜り!フロント Bare Strut Assembly LH LF Left ドライバー Side for Honda Civic Si 2dr (海外取寄せ品)は【レインサポート機構】の採用でこの悩みを大幅に改善いたしました。コーナー部&中央部の雨が溜まり易い部分を天幕内側からサポートスティで支え、雨水の流れを促進し雨溜りを発生させにくくしました。もう雨降りの中でのご使用も安心です。

画像の説明 ⇒   
《天幕内側から》   《従来テントの雨溜り天幕》  《レインサポート機能付き天幕》  

画像の説明
Passengers Taillight Tail ランプ レンズ and ハウジング リプレイスメント for Mercury 3W3Z13404AB (海外取寄せ品)[汎用品]。)

レインサポート採用サイズは下記サイズのみです

  • DX3030・DX3045・DX3060・JA3654・JA3672

値段が激安 「浄水器・整水器」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

■ここでは新・旧フレームの比較をしてます《旧→新当社比》
画像の説明画像の説明
ショック Absorber Rear LH Left or RH Right for Colorado Canyon i-280 i-290 w/ 2WD (海外取寄せ品)

画像の説明画像の説明
⑤ボルトキャップ       ⑥プルリングストッパー     ⑦スライダージョイント側面  ⑧スライダージョイント上部

画像の説明画像の説明
ドライバー Power Side ビュー ミラー リプレイスメント for Mazda 3 Mazda3 BBM26918ZL MA1320162 (海外取寄せ品)[汎用品]

⑨ メインボルトの大型化
画像の説明画像の説明
⑬ベースパッド表側   ⑭ベースパッド裏側   ⑮ストッパーのプルリング   ⑯アルミアウターレッグ

⑯ ハPassengers Power Side ビュー ミラー Heated Signal レディー-to-ペイント リプレイスメント for Hyundai Elantra 876203Y000 (海外取寄せ品)[汎用品]

テントフレームを全て一新し大幅な強度UPを図りました!ボルトの1本にいたるまで改良を致しました。

powered by フロント Upper Control アーム Passenger RH Right for 97-01 Honda Prelude Base Model (海外取寄せ品) 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Passengers Power Side ビュー ミラー レディー-to-ペイント リプレイスメント for トヨタ TOYOTA Pickup Truck 87910-35580 (海外取寄せ品)[汎用品]  Valid XHTML 1.0 Transitional